商人のまち、繊維のまち 大阪から靴下の情報を発信

大阪靴下工業協同組合
大阪靴下工業組合

靴下の豆知識

サンタクロースのプレゼントは、なぜくつしたなのか?

クリスマスイブの夜、またはクリスマスの当夜に、サンタクロースからのプレゼントをもらうために、子供達はくつしたを吊るす。サンタクロースは、なぜ、くつしたにプレゼントを入れてくれるのだろうか?

この謎を解くためには、まず、サンタクロースのモデルになった聖人ニクラウスのことを知る必要がある。

聖ニクラウスは、4世紀、ミュラの町に実在した東方教会の司祭だった。伝説によると、彼はたいへん慈悲深く、子供が大好きで、多くの奇跡を行って貧しい人たちを助けたという。さまざまな言い伝えの中で、後世、クリスマスプレゼントと結びついたのは、貧しい3人の娘を助けたお話―――

ある一家が、あまりの生活の苦しさに、娘3人を過酷な仕事に出そうとしていた話を聞きつけた聖ニクラウスは、その一家にたいそう同情し、夜中に煙突から、娘たちへの贈り物として金貨を次々に投げこんでやった。すると金貨は、乾かすために暖炉に干しておいた、くつしたの中に、たまたま入り込んだ。翌朝、一家は、くつしたの中の金貨に驚きの声をあげたことはいうまでもない。そのおかげで、3人の娘は、幸せな結婚ができたという。

サンタクロースとくつしたの関係は、”ちいさなもののゆたかな世界”を感じるお話がもとになっている。
こうして、世界中で、大小さまざま、色とりどりのくつしたが、クリスマスの願いの受け皿となる。
スペインでは、「いいコにしてないと、プレゼントの代わりに消し炭を入れられてしまう」とか。子供達は、暖炉のくつしたを祈るような気持ちで見つめながら眠りにつく。

「THE BOOK OF SOCKS AND STOCKINGS」(荒俣宏 著/日本靴下協会 発行)より引用
PAGE TOP